高血圧の疑いがあり、血圧を測る人

あれだけ正しい生活習慣や塩分控えめの食事で予防をしていたつもりなのに、ある日、血圧を測ったらなんと"高血圧"だというではありませんか!?どれだけ気を付けていてもなる時はなるのです!問題はこれからどう対処していくかという事です。

心拍数とも大きく関係している高血圧の改善方法

高血圧の原因には様々なものがあります。食生活の乱れや運動不足や睡眠不足や不規則な生活リズムなどの生活習慣が主な原因となりますが、ストレスや不安や怒りや興奮などによる精神的な作用により心拍数が上がることも高血圧に大きく関係しています。ですので、高血圧の改善方法としては健康的で規則正しい生活習慣を身につけるということと精神を穏やかに保って心拍数を上げないようにするということが重要になります。食生活においては、塩分の摂取を控えるということが大切です。塩分の過剰摂取により体内がナトリウム過多になると血圧は上昇します。ナトリウムを体内から排出してミネラルをバランス良く保つことができる栄養素としてカリウムがあります。塩分を摂取し過ぎてしまった際にはカリウムを積極的に摂取してナトリウムの排出を促しましょう。精神を穏やかに保ち心拍数を上げないようにするためには自律神経の乱れを整えるということが大切です。良質な睡眠をとったり、趣味を楽しんでリフレッシュしたり、生活の中に癒しを取り入れてリラックスしたりして血圧の上昇を抑えましょう。アロマやハーブを取り入れて副交感神経を優位に導くのも効果的です。精神的な作用による心臓の拍動と脈拍と血圧は密接なつながりがあるということを意識しながら気持ちを穏やかに保つということを心がけましょう。高血圧はそのまま放置してしまうと動脈硬化を引き起こしやすくなります。動脈硬化が進行すれば狭心症や心筋梗塞などの心臓病や脳出血や脳梗塞などの脳卒中などの病気発症のリスクも高めてしまいます。高血圧の症状は加齢に伴いどんどん加速していきますので日頃から定期的に測定しながら改善に努めていきましょう。